>
Q&A

QandA

 

不動産の仲介手数料について
Q1 売買契約の仲介手数料はどうなりますか?
Q2 不動産を売却する際の諸経費はどうなりますか?
Q3 不動産の売買を依頼する際に準備する書類はありますか?

 

 

 

 

 

 
Q1 売買契約の仲介手数料はどうなりますか?
A1

仲介業者が売主(買主)から受領できる報酬の限度額は以下の方法で算出した額です。

【物件価格】

200万円以下の部分 × 5% = A円
200万円超~400万円の部分 × 4% = B円
400万円超の部分 × 3% = C円
報酬額 = A + B + C円

上記の計算方法は煩雑ですので下記のような速算法を用いると便利です。

物件価格が、200万円以下の場合 物件価格 × 5%
物件価格が、200万円超~400万円以下の場合 物件価格 × 4% + 2万円
部県価格が、400万円超の場合 物件価格 × 3% + 6万円

例えば1000万円の中古マンションを売買した場合は、
1000万円 × 3% + 6万円 = 36万円になります。
なお仲介手数料には別途消費税が課税されます。
 

 

 

 

 
Q2 不動産を売却する際の諸経費はどうなりますか?
A2

主なものは以下のとおりです。必要な諸費用は、物件により異なりますので詳細についてはご相談ください。
○仲介手数料


○抵当権等抹消費用
 抵当権等が設定されている場合になります。


○印紙代
 売却物件に買主様が決定し売買契約する際に必要になります。
 (印紙代は売買契約の価格により異なります)


○測量代
 敷地の境界が不明確で境界標の設置が必要な場合


○建物解体費用
 土地の売却で、古家があり更地にして引き渡す場合
 

 

 

 

 
Q3 不動産の売買を依頼する際に準備する書類はありますか?
A3

主なものは以下のとおりです。詳しくはお問い合わせください。
○権利証
 所有不動産の内容の確認、および所有権移転登記時に必要になります。


○固定資産税の納税通知書
 固定資産税・都市計画税の年税額確認のため。


○建築確認済証及び検査済証
お持ちの場合はご提示下さい。


○土地測量図面
お持ちの場合はご提示下さい。


○管理規約。使用細則

マンションをご所有の方でマンション管理会社から配布されているもの。


○ローン返済予定表
ローン利用中の場合、金融機関から配布されているもの。


○管理費等の明細
マンションをご所有の方で月々お支払いされている管理費等の明細書
 

 

 

このページの先頭へ